少人数のオフィス探し!レンタルオフィスとコワーキングスペースはどっちがいいの!?


予算不足の悩みを解消!

新しい事業を開始するときに、まず考えないといけないのが仕事をする場所です。予算に余裕があれば、一般的な賃貸オフィスを契約することができますが、まだ起業したばかりだと資金不足になることもあるでしょう。そんなオフィス契約の悩みを解消するのが、レンタルオフィスやコワーキングスペースでのオフィス活用です。ワンフロアやビル全体を業者が管理していて、個室や仕切りのあるスペースなど、人数にあったスペースのオフィスを借りることができます。少人数で働けるスペースの部屋が多いという特徴もあります。レンタルオフィスやコワーキングスペースは、一般的な賃貸オフィスをよりもだいぶ安い家賃で仕事場所を確保することが可能です。

コワーキングスペースの特徴

コワーキングスペースは、隣との間にネットカフェのように仕切り板が設けられているところや、仕切りなしの一つの机に複数人が座れるオープンスタイルのところもあります。席は決められていたり、自由に座れたりと業者によってさまざまです。コワーキングスペースは共用スペースで働くため、低コストで利用できるということや、他の起業家の方々とコミュニケーションを取る機会が多くなることから、良い刺激を受けたり、ビジネスチャンスが広がることもあります。

レンタルオフィスの特徴

レンタルオフィスがコワーキングスペースと違うところは、完全個室になっているところです。鍵をかけられるようになっているところが多く、セキュリティ面や安全性も高いです。個室であればプライベート空間も確保できるため、仕事にも集中することが可能です。机と椅子も始めから備えられていて、作業スペースもコワーキングスペースよりも広いので仕事がしやすいと感じられるでしょう。

福岡の賃貸事務所は、オフィスが多く集まる博多区や中央区に多くの物件が集まっています。その他の地域でも、用途に応じた賃貸事務所があります。