タイムレコーダーアプリとは?導入のメリットやデメリットをご紹介!


タイムレコーダーアプリの特徴

勤怠管理システムとしてタイムカードを利用する企業は多くありますが、近年ではタイムカードよりも手軽なタイムレコーダーアプリというものが普及しつつあります。タイムレコーダーアプリとは専用のアプリをダウンロードすることで、出退勤や休暇、シフト管理などができるようになる勤怠管理システムの1つです。従業員はわざわざタイムカードのある場所へ行き打刻しなくても、アプリで出退勤の打刻や休暇申請などがスマートフォンから行えます。未打刻があるとスマホに連絡が来るため、タイムカードの打刻忘れを防ぐことが可能です。

タイムレコーダーアプリのメリット

タイムカードを使用した勤怠管理には手間がかかるほか、人件費もかかるといわれています。タイムカードは集計し、エクセルなどに入力して給与を計算するといった作業を行う必要があります。従業員数が多い会社は、その分だけ作業をする人員を数名確保しなければなりません。タイムレコーダーアプリを導入すると、タイムカードを集計したりエクセル入力したりする手間が省けるため、作業時間や人員削減が期待できます。

タイムレコーダーアプリのデメリット

タイムレコーダーアプリを導入したものの、管理の仕方や使い勝手が分からず上手く活用できていない企業も少なくありません。また、導入にはコストがかかってしまうため経営層の理解が十分に得られない場合もあります。タイムレコーダーアプリを導入する際は、管理機能や使い方をしっかりと把握し、将来的にみてどのくらいコストが削減できるのかを明確にしておくことが大切です。

タイムレコーダーとは、出退勤の時刻を記録することのできる機器です。導入するメリットとしては、出退勤の時刻を正確に記録したり、毎回出退勤の時刻を記入する手間がなくなったりすることが挙げられます。