展示会の運営で大事なポイント!人員配置と戦略!


人員配置次第で展示会の効果が変わる

展示会では誰が何をするのかという、人員配置が重要になります。展示会では声をかける人、説明する人、商談をする人など、色々な役割があるのです。その配置が上手くいかないと、不得意分野を担当することになり、展示会でお客さんを見つける効率が悪くなります。素通りする人を無理矢理引っ張ってきても、お客さんになる可能性は低いです。興味を持っている人をできるだけブースに引き込むことが大事になります。その見極めは呼び込む人のが役割です。得意な人であれば、すぐに引き込んで説明する人に渡せるでしょう。このような連携が上手くとれるように人員配置をするのです。

戦略を立てて展示会に望む

何の戦略もなしに展示会を望んでも手に入るものは少ないです。戦略を立てる時には、どのような展開でお客さんをつかんでいくかまで考えておく必要があるでしょう。その展開が上手く進むように展示会場を立て込みます。仕切りを上手く使えば、入ったらなかなか出にくいブースになるでしょう。また、お客さんとどのように交渉するかなども大事な戦略です。クロージングまでできればいいですが、展示会ではそこまでは難しいでしょう。ゴールを決めておいて、そこにたどり着けるように考えていきます。

戦略が上手くいかないときは途中で変える

展示会は1日で終わることは少ないですので、途中で戦略を変えることも一つの有効な手段です。お客さんが少ないときなどは、できるだけブースに引き込む作戦に変更するなど、柔軟に戦略を変えることが大事です。最初の戦略にこだわらないで、対応策をその場で考えてもいいでしょう。

展示会の施工は、パネルやボード、座席などの設置といった基本的な作業の他、イベントの規模によっては配線や照明などの取り付けを行う必要もあります。