英会話の集中コースや合宿は本当に役に立つのか?


日本人が英会話を苦手にしているわけ

中学から大学までの10年以上の期間にわたって英語の学習をしてきたにもかかわらず、いつまでたっても英会話が苦手なままという日本人は多いのではないでしょうか。その理由として挙げられるのは、そのような人のほとんどが自分の英語が相手に伝わるという自信が持てないために、積極的に話そうという機会を得られずにいるということです。コミュニケーション能力を向上させるためには、実際に英語を用いて会話する機会を増やすことが必要不可欠ですので、そのような機会がないまま無為に時間を過ごしている状況においてはいつまで経っても英語をしゃべることができるようにはならないというわけです。

集中コースや合宿が英会話力の向上に有用であるわけ

英会話教室の中には短期の集中コースや合宿を行っているところがありますが、これらは英会話力を向上させるためには有用なものとなっています。もちろん、短い期間だけ英語漬けの生活を送ったとしても、それだけで問題なく英会話をできるようになるというわけではありませんが、短期集中で無理にでも英語で自分の言いたいことを伝えざるを得ない環境に身を置くことによって、必然的に英語でコミュニケーションすることへの抵抗感が薄れ、それによってとりあえず知っている単語を並べるだけでも会話が成立するということを実体験することが可能となります。そのような経験ができれば、英語に対する自信も徐々に持てるようになってきますので、あとは積極的に英語でコミュニケーションを図るようにすれば必然的に英会話力が向上すること間違いなしです。

英語合宿は国内にいながら海外に留学するような生活を送ることで、短期間で英語のスキルを伸ばす効果が期待できます。