自分の時間を確保したいなら派遣のトラック運転手がいい?!


トラック運転手といってもその種類は千差万別

トラック運転手と一口に言っても、走る距離もトラックの大きさも、積荷の種類も人それぞれです。県をまたいで東へ西へ長距離を走るドライバーや、近場の決められたルートを走るルートドライバー、また普通免許があれば運転できるトラックもあれば、中型免許や大型免許がないと運転できないトラックもあります。積荷の種類も、食品を運ぶトラック、大きな重機を運ぶトラック、変わったところではトラック自体を回収し運転して帰ってくるという仕事もあります。このようにトラック運転手の仕事は千差万別なのです。

派遣のトラック運転手は休日が多い?!

トラック運転手というと、休みも少なく重労働だというイメージがありませんか?派遣の運転手は、企業側が必要な時期に必要な時間だけ働いてもらうというシステムで、契約内容がしっかり決まっています。そのため、休日も契約できちんと決められていて、企業側は契約外の日に出勤を要請する場合は割増手当を払う必要があります。そこまで経費をかけては本末転倒ということで、休日出勤は少なく、派遣のトラック運転手はしっかり休みをとれることが多いのです。

残業も少なく夜間労働もなし?!

派遣社員でも残業があれば残業手当が、夜遅くまで労働すればさらに夜間の割増手当が発生します。ですが、企業側は同じような理由で経費を抑えたい、故に派遣のトラック運転手は定時退社できることが多く、残業やましてや夜間まで働くことが少ないのです。その分、決められた給料以外の手当は少ないので、ガッツリ稼ぎたいというよりは、自分の時間をしっかり確保したい方に向いている働き方だといえるのではないでしょうか。

お酒を飲んだ後、車の運転をすることは当然できません。そんなときは運転手の派遣をお願いしましょう。自分のかわりに運転してくれます。