社員研修の内容にはどのようなものがあるか


一般的な社員研修を知る

社員研修は、自社で行う場合でも業者に委託する場合でも様々な内容がありますが、基本的には座学が中心になります。例えば、新入社員を相手に行う場合には、基本的にはあいさつの練習や電話対応などが中心になりますが、それに加えて最近は実際にグループを作ってディスカッションをするといったことも増えてきました。さらには、グループの中で挨拶の練習や電話対応などをシミュレーションしつつ慣れていくということも含まれています。これにより、社会人の基本的なマナーを身につけることは十分可能になります。

変わった社員研修とは

社員研修も、形にとらわれず様々なものがあります。今までのように、セミナー形式などで行うのではなく実際に無人島などに生きサバイバルを行って、そこから得た知恵や経験を持ち帰ってきます。例えば、無人島に行く場合にはグループを作って必要なものを事前に選びそこで数日間生活するといったものです。

なぜわざわざお金をかけてそのようなことをするかといえば、無人島に行き何もないところから生きていくためにどのようにしたらよいかを考えるわけです。そして、わざわざグループを作る理由は一人では成し遂げられないけども、グループを作ることで大きな力を得ることができることを知るという理由もあります。一見ふざけた社員研修のように感じますが、そこには社会人として働くための必要なエッセンスが詰め込まれており、楽しみながら役立つことを学んでいくことが可能になります。

新入社員や若手社員向けと言うイメージが強い研修ですが、管理職向けにも多様な研修があります。適切な管理職研修を活用することで組織成長を促すことができるので検討してみてはいかがでしょうか。