会社員から自営業になるときの業種の選び方!


自分のスキルを活かす

自営業者になるときに大切なことは成功することです。しかし、現実は厳しく自営業者になったからと言って必ず成功するとは限りません。もし、必ず成功するのであればみんなが自営業者になっているはずです。それほど成功が難しい自営業者ですので、業種を選ぶ際は慎重に考えることが大切です。

業種の選び方にはいろいろな考えがありますが、やはり自分の一番得意な業種を選ぶのが成功する確率が高くなります。例えば、それまで従事していた仕事でそのまま独立するのも一つの方法です。それまでに培ってきたスキルを生かすことができますし、知識もありますし、もしかしたなら取引先を引き継ぐ可能性もあります。この方法はストレスという面で考えてもよい選び方です。

社会のニーズを考える

会社員として働いている人の中には「仕事が合わない」と考えている人も少なくありません。そのような人が自営業者になる場合は、それまでとは全く関係のない業種を選ぶことになります。そのような状況でどの業種を選ぶのがよいかと言いますと、次の格言が役に立ちそうです。「釣りは魚のいるところでやれ!」という格言です。

一見しますと、当たり前のような格言ですが、突き詰めて考えますと仕事の核心を突いた的確な指摘です。社会が必要としているニーズを仕事にするなら成功する確率が高くなります。そうなりますと、日ごろから新聞などいろいろな情報に常にアンテナを張り巡らしていることが必要となります。さらに、アンテナを張り巡らすだけではなく、表象に表れていることの理由や背景などを考えることも大切になってきます。そのようにして多くの人が求めていること、つまり「社会的ニーズ」を見つけることが大切です。

フランチャイズとは事業形態の一つです。権利や商標、ノウハウをフランチャイザーが提供しフランチャイジーが受け取ります。小売業や外食産業、不動産販売など業態は多岐にわたります。