引っ越し時の面倒な片付け!上手に進めるコツは?


思い切って捨てることも重要

引っ越しの片付けをしていると、必ず引っ越し先でも使うであろう物と何年も触っていないような物に分けられます。全てを持っていくのは大変なので、ある程度捨てることも重要です。何が必要かはその人によって異なりますが、しばらく触っていない物は今後も同じような扱いになる可能性が高いです。いつか使うかもしれないという気持ちは少なからずありますが、悩んでばかりだと何も進みません。お金にならない物は捨てて、服など少しでも売れそうな物は売ってしまうと良いです。

貴重品は厳重に管理する

高価な物や絶対に手放したくない物は厳重に管理する必要があります。引っ越す時は物を段ボールに詰めて持ち運びしますが、必ずしも全ての物を入れる必要はありません。引っ越し先で乱雑になって、貴重品の場所が分からなくなってしまうからです。なかなか貴重品が見つからないとストレスも溜まりますし、実印など絶対に紛失させたくない物まで見失ってしまうと色々な手続きができなくなります。全てを業者に任せるのではなく、自分で管理するという意識も大切です。

壊れやすい物は慎重に扱う

トラックの中は想像以上に揺れるので、物が破損することもあります。特にガラスなどは入念な梱包をしないと破損しやすいです。新聞紙を一枚だけ使って終わらせるのではなく、緩衝材をふんだんに使わないといけません。また、段ボールの中に空間があると中で物が暴れてしまうので注意が必要です。なるべく物を詰めたり、段ボールを切って使うと良いです。

専門業者に不用品の回収を依頼するなら、まず電話等で申し込みをして日時を決めます。そして当日にスタッフが不用品を家まで取りに来てくれます。