あって当たり前の価値観?電気製品の自作で一攫千金を狙おう!


暮らしの中で活躍する電気製品

私たちの暮らしは、起床したとたんに電気製品が活躍します。朝起きてまずテレビをつける人もいるでしょうし、エアコンやこたつの電源を入れる方もいます。電動歯ブラシで歯を磨き、ドライヤーで髪を乾かし、トースターでパンを焼く…など生活上では電気製品は欠かせない存在になっています。世界中にある電気製品はどれも使ってもらうために作られた素晴らしいアイデアです。電気製品を見ると人類の進化過程をも感じることができます。あって当たり前、使って当たり前の価値観にある電気製品ですが、よく考えればこれほど素晴らしいものはありません。

電気製品の自作には達成感がある

「ああしたい」「こうしたい」…と人は考えますが、それをサポートしてくれるものが電気製品ではないでしょうか。使う側としては、そういった電気製品を利用できることはとてもラッキーなことです。そして作る側としても完成した電気製品を使ってもらうことにより、達成感や充実感というものを得ることができます。ふとした瞬間に発明はひらめくもので、電気製品のアイデアが少しでもあるのなら、その仕組みを考えたり完成に向けた試作品を作ってみてはいかがでしょう。

実際に電気製品を作ってみよう

電気製品と言えば、面倒くさい作業を代わりにやってくれる…そんな便利なアイテムとして私たちの生活には欠かせないものです。汚れた場所を自動的に見つけて掃除してくれる新しい電気製品の発想もありです。部屋の掃除で使うクリーナーとは少し違っていて、冷蔵庫の中に入れておくと匂いや食品のこぼれカスなどを掃除してくれる超小型のマイクロクリーナーを自作すれば製品化できるかもしれません。今までにない製品を作れば、どんな人にも一攫千金のチャンスが訪れるでしょう。

プリント基板とは、絶縁体の上にICや抵抗器などの部品を固定して銅箔で配線したもので、あらゆる電子機器に使われています。プリント基板設計は、それぞれの機器が用途に応じた働きをするために行われます。