家庭用と法人用の太陽光発電の違いを調べてみよう!


家庭用の太陽光発電は電気代の節約につながる

家庭用の太陽光発電は、一戸建て住宅の屋根にソーラーパネルを設置することで、家庭内の電力を賄うことができ、将来的に電気代の節約につながるというメリットがあります。最近では、多くの電力会社が一般家庭から余剰電力の買取を行っており、月々の発電量によっては家計の足しにすることも可能です。また、太陽光発電に必要な様々な経費の補助を行っている自治体も多くあり、一定の条件を満たす場合に、ソーラーパネルの購入費や工事費などの負担を軽くすることができます。なお、家庭内で効果的に太陽光発電を続けるには、性能の良いソーラーパネルを設置するだけでなく、実績のある工務店に定期的なメンテナンスを依頼することも大切です。

法人用の太陽光発電は環境保護の効果も期待できる

大規模なソーラーシステムを使った法人用の太陽光発電は、長期的に見て環境保護の効果が期待できるため、イメージアップのために発電に取り組んでいる企業も増えています。特に、太陽光発電のために十分な用地を確保できる企業においては、短期間で効率良く電力を生み出せる大型のソーラーパネルの設置が進んでいます。最近では、法人用のソーラーシステムの開発に力を注いでいるメーカーの数も増えており、様々な業種の企業への提供が行われています。そこで、企業内で本格的に大規模な太陽光発電を始めるにあたって、国内外で実績のあるメーカーの公式サイトやカタログを通じて、ソーラーシステムの性能の良し悪しを比較することが重要となります。

太陽光発電の価格は、戸建て住宅に取り付ける場合は家屋の大きさで差があります。一般的な規模の住宅では、120万円から200万円前後が総費用の相場です。