倉庫での安全性を考えよう…作業する上で一番重要なことは何?


物流経験を活かした倉庫運用

倉庫は在庫商品の出入りが激しく、保管する置き場も日々変わったりします。1日の出荷件数によってパレットやカゴ車の片付け時間もまちまちです。従業員のシフトも物量の予測件数に合わせて作成されていますので、突発的な休みが起こると残業が増えることによってコストにも影響してきます。一年を通して在庫変動が大きい季節ものの商品管理は難しく、予測が外れると倉庫全体のレイアウトに影響してきます。総合的な見地から物流の経験を活かして運用されている倉庫は多いです。

倉庫現場で大事なことは…

倉庫現場で最も大切なことは品質と生産性の向上、それと安全第一の作業になります。生産性ばかりを追い求めていると品質が落ちてきます。本当の生産性とは品質の高さを追求するところに生まれるのではないでしょうか。いくらスピード出荷といえども品質が悪ければ、倉庫のサービスを提供することは不可能になります。また品質を追い求めるが故に、安全確認を怠り大きな事故を起こしてしまうケースも多くあります。仕事があるありがたみも命がなければ、感じることもありません。倉庫では事故を起こさないで作業すること…これが一番大切なことなのです。

安全な環境で仕事をする

ネステナーの上段に荷物が積み上げすぎていると、地震の時に倒れる可能性もあります。パレットが乱雑に置かれているような倉庫では、商品の運搬中に足を取られたり、台車やカゴ車にぶつかりやすくなります。切れ味の悪いカッターナイフを使用していると、無駄な力が入りますので手を滑らせた時に怪我をする恐れもあります。このように倉庫内では様々な危険を予測して、日頃から安全に対して高い意識を持ち作業するべきです。

物流とは、企業が取り扱う商品を消費者に届けるまでの過程のことで、商品の移動だけでなく、包装や輸送、保管に至る業務も含まれます。